<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

不思議なあの子は素敵なこの子 前編

冬企画:テーマ「もう一度」

 マサゴタウンのナナカマド研究所。ここがそう言う名前だと知ったのは、ずいぶん大人になってからのことだ。小さい頃のぼくにとっては、生まれて育ったところ、というだけだった。
 いろんなポケモンたちがいるけど、みんなぼくと同じくらいの年頃。
 お母さんやお父さんはいなかった。代わりに人間の研究員さんたちが、僕たちのことをずっと見てくれている。それから、お守りをしてくれるフローゼルおばちゃん。
「もう少ししたら君たちも大きくなって、トレーナーさんと一緒に冒険するんだ。こことはお別れだけど、きっと大丈夫。早く大きくなってね」
 人の言葉はずっと聞いているから何となく分かる。ある日、研究員のお姉さんは僕にそう言い聞かせてくれた。
 研究所の中のモンスターボールがぼくの部屋、ってことになる。朝になったら起きて、みんな外で遊ぶ。研究所を出れば公園みたいな広場があって、小さなポケモンたちが遊べるようになっている。砂場にジャングルジム、でっかい機関車、滑り台、なんだか登ってみたくなるオブジェ。
 一日中、ここの公園で遊んで、日が暮れたらごはんを食べて研究所のボールの中に帰る、そんな毎日を繰り返していた。
 ぼくもいつかは、ここを離れて、旅に出る。森までかな。山までかな。それとももっと、遠くかな。
 遠くに見える山を眺めて、たまに思いを馳せていた。

「なぁなぁ、これどこまででっかくなるかな」
 ヒコザルくんが嬉しそうに息を荒げて、砂場の山をぼくに見せた。木の枠で囲まれて、少しへこんだ砂場。その真ん中に、ちょっと分かるくらいの小さな山が作られた。乾いた周りの土と違って、掘り起こした黒い土だ。
「ポッチャマもでっかくするの、手伝ってよ」
 ヒコザルくんは指のある手で土の山を指して、ぼくに言う。
「いいよ」
 そう言って、ぼくはぺたぺたとヒコザルくんの後を追う。ヒコザルくんにはかなわない。ぼくはあんなに早く走れないから。
「じゃあ、おれはこっちの土を持ってくるから、ポッチャマはそっちな」
「うん、分かった」
 僕は頷いて、足元の土をかき集める。ぼくの手に指はないから、何かをすくったりするのはちょっとむずかしい。とりあえず、土を掘ってみる。後でどうすればいいかなんて、思いつかないけど。
「ふう」
 一息ついて、ふと顔を上げたら、知らない子が立っていた。水色の体に、大きな耳と、黄色い目。四本足なのは、友達のナエトルくんとちょっと似ているかもしれない。砂場のすみっこのほうで、こっちを見たり、目を逸らしてみたりしている。どうしたんだろう。
「おい、ちゃんと掘れよ」
「あ……う、うん」
 ヒコザルくんがきいきいと大声を上げる。ぼくは思わず気の抜けた返事をして、また掘り始めた。やっぱり、ヒコザルくんにはかなわない。怒ったら、うるさいんだもの。
 しばらく掘ったところで顔をあげると、まだあの子はそこに立っていた。そろそろと砂場に降りて、申し訳なさそうに脇でひとり、前足で砂に絵を描いて遊び始めた。
 ぼくの両手はいつのまにか止まっていた。気がついたらあの子のことをぼうっと見つめていた。
 フローゼルおばちゃんが優しい声で言い聞かせてくれたことがある。どんなときでも、みんなで仲良くやるんだよ。
 いま、それを思い出した。

「ねぇ」
 僕は声を上げてあげてみる。恥ずかしくって、声が上ずったかもしれないけど、しっかり息を吸い込んだ。
 あの子はこっちを向いてくれた。
「一緒に遊ぼうよ」
 心臓がどきどき言ってる。断られたらどうしよう、と思って、体が固まった。あの子の目を見て、動けなくなってしまった。
 でも、あの子の顔は、ぱぁっと明るくなって、
「うん」
 って返事をしてくれた。
 明るくて優しそうな声。こんな声なんだ。ぼくの胸の中まで明るくなっていった気がした。
「今ね、砂でおやま作ってるんだ。一緒に大きくするの、手伝ってよ」
「分かった。土掘るのは任せて」
 金色の目をぱっちり開いて、自信満々にあの子は言った。前足で土をかいて、山にかぶせていく。あっと言う間に、あの子の足元の土は随分深くまで掘られてしまった。
 あの子の体は全身水色だと思っていたけど、水色なのはお腹の辺りまでで、それより下は黒に近い灰色をしていた。ちょっと驚いて見とれていると、顔に土がべしんと当たって、ヒコザルくんが笑いだしそうになっていた。ぼくはちょっと不機嫌な顔をした。でも、土がシャワーのように掘り出されていく様子が面白くて、すぐにまたそっちに目を奪われた。
「すごい」
 一度に同じ方向から土をかぶせたから、少し縦長になっちゃったけど、それでも山は目に見えるほど大きくなった。
 前足を半分くらい真っ黒にしたあの子は、ふう、と一つため息をついて、しっぽをふっと揺らした。
「こんなもんかな」
 ぼくはくちばしをぽかんと開けて、その場に突っ立っていた。水色のあの子の姿が、どういうわけかきらきら輝いて見えた。
「すごいすごい! もっとやってよ」
 僕は自然と声を上げて、あの子に顔を近づけていた。
「いいよ、今度は……こっちからやろっかな」
 ちょっと場所を移動して、後ろを向いて前足で掘って行く。黒い土が宙を飛んで、ぼた雪のように砂山に積もっていく。
「わぁ」
 ぼく思わず声を漏らした。
 砂場のそばで、ボール遊びをしている子たちが騒いでいる。ちょっと近くの方で、おーい、俺も混ぜてくれよ、と言う声が聞こえた。ふと横を見ると、ヒコザルくんがいつのまにか、いなくなっていた。
 でも、水色のこの子と一緒にいたくて、気づいていないふりをした。

「あぁ、疲れた」
 四回ぐらい穴を掘ったところで、あの子も息が上がっちゃって、腰を下ろすしかないみたいだった。
「すごいよ、きみ! それ、どうやってるの?」
 ぼくは聞いた。水色の子はなんだか不思議そうな、でもちょっと誇らしげな顔をして、ぼくの方を見つめた。
「カンタンだよ。ほら、こうやってさ」
 山に背中を向けて頭を下げると、足元から土が飛び出してくる。ぼくも真似をして、後ろを向いて、頭を下げて両手の羽で土をすくって後ろで投げてみた。ぽいと軽い力で土は飛んでいくけど、あんなに早くはできない。
「ちがうよ、こうだよ」
 あの子がちょっと不機嫌な声で手本を見せてくれる。ぼくも力を入れて両手の羽を強く動かしてみるけど、やっぱり上手くいかない。
「だから、もうちょっと足を……」
「わぁ」
 あの子が喋ってる途中で、僕は大声を上げてしまった。あの子の後ろに、とても大きな、黒い毛に覆われたポケモンが立っていたから。
「コリンク」
「あ、ママ」
「もう、勝手にどっか行って。探したんだから」
 こんなにでっかいのが、この子のお母さん。それに、この子の名前、コリンクって言うんだ。
 僕はそんなことを考えて、お母さんのことを見つめるコリンクを見ていた。
「こんなに前足汚しちゃって、もう! ウチでキレイにしないと。帰るよ」
 コリンクのお母さんはコリンクの首根っこをくわえて連れて行こうとした。だけど、
「やだもん」
 とコリンクは首をぶるぶる振った。コリンクのお母さんは肩を落として、ため息をついた。
「そんなこと言っても、もう夕方だし、真っ暗になっちゃうよ」
 うー、と唸って、コリンクは下を向く。
「また明日もあるんだから、今日は帰る」
 コリンクのお母さんはそこまで言うと、コリンクも諦めたらしくて、しょげた顔で僕の方を見た。
「……バイバイ」
「バイバイ」
 半分反射的に、ぼくも同じ言葉を繰り返した。
「バイバイ、ちゃんと言えたね」
 コリンクのお母さんは、少し笑って、コリンクの首根っこをくわえて持ち上げようとする。
「ちょっと待って」
 コリンクはぼくの方に近寄って、前足を出した。
「ママが言ってた。ニンゲンの子供は、お別れする時ゆびきりげんまんって言うのをするんだよ」
「へぇ、どうやるの?」
 初めて聞いた。ぼくは興味しんしんで、コリンクに聞く。
「キミの指とわたしの指を合わせて」
 そこまで喋って、コリンクは言葉を止めた。ぼくの手に指はない。
「じゃあ、これでいいや」
 コリンクは笑って、手のひらと羽の先っぽを合わせる。ゆびきりと言うより、握手みたいになった。
「明日もきっと、会えますように。ゆびきりげんまんうそついたらはりせんぼんのーます! ゆびきった」
 コリンクは高らかに歌い上げて、僕の羽から前足を離す。コリンクのお母さんに帰ろう、と言って寄り添った。
「じゃあ、バイバイ」
 振り返って、またどこかへと歩いていく。たぶん、コリンクのおうちに帰るんだろう。ぼくは追いかけようとして、一歩だけ前に踏み出した。それから、すぐに諦めた。
「バイバイ」
 ぼくはもう一度呟いた。
 その時、胸の奥がじんわり熱くなってきた。どうしよう、とめられない。
 我慢したけど、涙が溜まって、ぽろん、ぽろん、と落ちていった。
「バイバイ」
 明日もきっと、会いたいな。

 夜ボールに入って眠る前、研究所に敷いてある毛布の上で、フローゼルおばちゃんに今日のことを話した。
「コリンクがうちに来てね、一緒にお山作ったんだ。すごいんだよ、穴掘るのすっごい早いんだよ」
 話してるうちに、ちょっと盛り上がってきてしまって、気付かないうちに手足をぶんぶん振り回していた。
「うんうん、そうかい」
 ゆったりした口調で、フローゼルおばちゃんは相槌を打って、頷いた。
「新しい友達が増えたんだねぇ」
 ぼくはなんだか誇らしい気持ちになった。
「でもね」
 フローゼルおばちゃんは小さな指を立てた。
「どんな時でも、みんなで仲良くやってほしいと、あたしは思うんだよ。ポッチャマ、その子と遊んでるとき、最初に遊んでたヒコザルはどうしてたのかな?」
 あ、と声を出しそうになった。ぼくは思い出して、しまった、と思い直した。
「……全然、なんにも」
「おかまいなし、だったんだろう」
 ぼくは頷いた。途中からヒコザルくんのことを完全に無視して、コリンクにばっかり夢中だった。ヒコザルくんに、なんてことをしてしまったんだろう、と自分を責めたい気持ちでいっぱいになった。フローゼルおばちゃんの手が、僕の頭を撫でた。あったかい手だな、と思った。とん、と軽く叩くと、またフローゼルおばちゃんは喋りだす。
「……明日、ヒコザルに会ったらちゃんと謝るんだよ。昨日はごめん、って。いいね」
「うん」
「さ、今日はもう遅いから、寝るんだ。おやすみ」
 背中をぽんと叩かれて、僕は自分のボールに戻った。
「おやすみ」

 朝になって、ヒコザルくんはぼくを見るなり、わざとらしく顔を背けた。やっぱり、昨日のこと、嫌だったんだろうな。
「ヒコザルくん」
 ヒコザルくんどこかへ行こうとする。たぶんぼくから遠ざかろうとしている。ぼくは構わずに続けた。
「昨日は、……ごめんね」
 悪いのは分かってるけど、何が悪いのかをはっきりと言葉に出来なくて、思ったより上手には言えなかった。
 ヒコザルくんはちょっとだけこっちを見て、視線を下に落としている。
「謝ってるんだから、許してあげなよ。男の子だろ?」
 黙っていると、横からフローゼルおばちゃんがヒコザルくんに言葉を投げかける。
 ぼくらはその場に止まって、ヒコザルくんの言葉を待つ。
「分かったよ。いいよ」
 暫くしてから、ちょっとぶっきらぼうに、ヒコザルくんはそう言ってくれた。
「もし今日、あのコリンクが来たとしても、仲良くできるかい?」
 フローゼルおばちゃんの言葉に、ちょっとうつむき加減になって、ヒコザル君は小さく頷いた。
 ほっ、と僕は一息ついて、公園の庭につながるテラス窓の方を見た。差し込む朝日があまりに眩し過ぎて、右の羽根で目を隠す。羽根で影を作って、外を見ると、一匹のポケモンの姿があった。
「おはよう!」
 光が強すぎるせいか、そう言ったあの子の姿は、とてもきらきらして見えた。

 新しく加わった友達は、すぐにみんなの輪の中心になった。とても明るくて、やんちゃだった。フローゼルおばちゃんや研究員の人を困らせるイタズラを思いついたりもする。ぼくもヒコザルくんも、だいたいはコリンクの味方になって、一緒にあれこれ企んだ。誰がやったのかなんてすぐばれちゃうけど、みんな懲りずにまた手を出す。だって、あのドキドキはやみつきになるから。
 コリンクは足も速くて、かけっこさせたらヒコザルくんよりも早い。かけっこでは一等賞だった。 あれから砂山づくりはずっと続けていて、ぼくらの仲のシンボルとしてずっと残しておいた。ぼくらの体なんてすっぽり入ってしまうくらい大きくなった。砂場中の砂という砂は、ひとところに集められて、もうこれ以上大きくならないんじゃないかと思った。
 ずっと一緒にいられたらいいな、と思うけど、夕方になったらコリンクのママが迎えに来て、ぼくらはぎこちなくゆびきりげんまんしてお別れをする。雨の日は来てくれなくて、次の日が待ち遠しかった。昔は好きだった雨も、あまり好きになれなくなってしまった。明日もきっと会えるかな、ってフローゼルおばちゃんに聞いたら、きっと会える、って言われて、ぼくは毎日眠りにつく。

 そんな楽しい日々が終わってしまうなんて、考えたことがなかった。
 終わりは突然やってきた。
 ある日、砂場の山のてっぺんがぱっくり割れて、半分以上崩れて無くなっていたのだ。
「え、なんで」
 朝一番、コリンクが呟いた。
 ショックで何も言えない。とっても大事にしてたのに。悲しさと、残念さが混じったようなものが、胸の奥からこみ上げて来て、それを押さえつけるのに精いっぱいだった。
「どうせ誰かがぶつかって、壊したんじゃないの」
 ヒコザルくんはぶっきらぼうに、軽く呟いて、顔を横に向けていた。まるでどうでもいいみたいに。
 振り返ったコリンクの形相は、凄まじかった。歯を食いしばって、きっとヒコザルくんをにらむ。
「何だよ」
 ヒコザルくんがその目線に気付いた時にはもう遅かった。
 コリンクが体当たりして、ヒコザルくんを押し倒す。
「何するんだ……っ」
 乱暴に、コリンクはヒコザルくんに乗っかって、ひっかこうとしたり、噛みつこうとしたりした。ヒコザル君は両手両足をばたばたさせて、何とかさせないようにしている。
「あんたが壊したのね! ばか! ばか!」
 ヒステリックな声を上げて、コリンクは攻撃する。
「壊してない!」
 ヒコザルくんのパンチが、コリンクに入る。後ろにのけぞった瞬間、ヒコザル君は体勢を立て直し、今度は思いっきりコリンクを殴りつけた。
「俺じゃないもん!」
 裏返る程の大声で、ヒコザル君は叫んだ。
 しばらく取っ組みあっている二匹を、ぼくは何もできずにただ見ていた。
「やめて……ふたりとも、やめてよ」
 声に出してみたけど、届くほどの力はない。泣きたいのか、怒りたいのか分からなくなって、ぼくは、とぼとぼと研究所のボールの中に戻った。
 それから、ヒコザルくんとコリンクのけんかがどうなったかは、ちゃんと見ていないから分からない。どうにでもなればいい、そんなやけっぱちな気持ちで、目をつぶった。
[PR]
by junjun-no2 | 2011-01-31 22:21 | 小説

不思議なあの子は素敵なこの子 後編

 うとうととし始めたその時、誰かがぼくをボールから出した。ボールの外に出ると、知らない男の子が、ぼくのことを見下ろして、笑っている。
「……それで、これがポッチャマだよ」
 研究員のおねえさんが、ぼくを指して紹介する。
 あぁ、そうか。この街から旅立つトレーナーは、ヒコザル、ナエトル、ポッチャマの三匹から一匹選んで最初のパートナーにする。ぼくは今、この男の子に選ばれてるんだな。
「どの子にする?」
 研究員さんが男の子に尋ねる。
「おれ、どれにするか決めてたんです。この子……ポッチャマにします」
 元気に、はっきりとした声で答えた。
「おめでとう、これで君も立派なポケモントレーナーね」
 はい、と研究員の方を向いて大きくうなずく。男の子はぼくを抱き上げ、目をまじまじと見た。ぼくも彼の目をじっと見た。これから、おれがいろんなところに連れてってやるよ。そう言われているような気がした。
「おれ、カズキ。これから一緒に頑張ろうぜ。よろしく」
 カズキはボールのスイッチをぼくに当て、中に戻した。いつも寝床として使っているボール。
「名前はどうする?」
 カズキはうーんと腕を組んで、少し前かがみになる。
「そうですね……あとで考えます。次の街に着くぐらいまでには決めようかな」
「そう」
 研究員さんはにこりと笑った。
「じゃあ、行ってきます」
「頑張ってね」
 一連のやりとりを見ていたけど、これから旅に出る実感なんて全くなかった。ボールの中は今までと全く変わらなかったからかもしれない。
 目の前に見えるあの山を越えて、街を抜けて、このシンオウ地方を駆け巡る。一体何があるのだろう、と期待に胸を膨らませる暇もなく、ぼくはこの子と一緒に街を出る事になってしまった。
 ゆびきりするの、すっかり忘れてたなぁ。
 寝起きのぼうっとした頭で、そんなことを考えていた。


 旅を始めてから、色んなものに出会った。
 コトブキシティみたいな目が回るくらいの大都会があるかと思えば、ソノオタウンみたいに一面に花が咲き乱れる町もあった。
 旅の途中で、仲間が増えた。みんなそれぞれ違う性格で、たまにけんかもしたりするけど、上手く取り持つのが僕の役目となった。正直僕自身バトルが得意っていうわけじゃないけど、でもメンバーからしたら「いてくれないと困る」存在らしい。よく分からないけど、みんなと一緒にいられるのは嬉しいし、いてもいいんだと自信が持てる。二度の進化を経験したけど、大きくなったのが図体だけじゃなければいいな、と思っている。
 エイチ湖のリゾートを抜けて、初めての海。カズキと一緒に歩いて、他のメンバーと一緒に水遊びしたときは楽しかった。砂山を作ろうという話になったとき、ふと、研究所の広場を思い出したりした。旅立つ前の記憶は、半分ぐらいはもう薄れている。赤ん坊の頃のことをちゃんと覚えていられないのは、脳細胞の生まれ変わるスピードがとても速いからだ。だから小さいころのことは、大事なことだけ残って後はどんどん忘れていってしまう。ミオシティの図書館で得た知識を、カズキは得意げに話していた。
 キッサキシティに向かうのは、骨が折れた。大雪になって、道中のポケモンセンターから一歩も外に出られない日が3日も続いた。出たら出たで、雪道に足を取られて中々先に進めない。そんな中、ぼくの体をそり代わりにして滑るなんてアイデアは、誰も思いつかなかっただろうな。
 旅の途中で、やがて気付いた。旅に出ると言う事は、今までの友だちとお別れをすることだ、ということに。もう、ヒコザルくんにも、コリンクにも、会うことはないのだ。時々そのことを考えて、どうしようもない暗い気持ちにとらわれた。


 そんな長い旅も、いよいよ終わりに近づいている。
 シンオウ地方の各地を巡り、ジムバッジを全て集めて、最後にトレーナーが集う場所。ポケモンリーグだ。

 午前中に一回戦を勝ち抜き、今日はもう予定はない。そんなトレーナーとポケモンのために、芝生のスペースが設けられている。
 そこを見ていたら、何となく研究所のことを思い出して、カズキに連れて行ってもらった。カズキは試合に気疲れしてしまったらしく、ベンチでぐっすり眠っている。
 そういえば、研究所の広場もこんな感じだったなぁ。辺りを見回して、そんなことを思う。遊具は無いけれど、色んなポケモンとトレーナーがいて、それぞれ別のことをしている。
 ふと右を見ると、一匹のレントラーが僕のそばに近寄ってきたことに気付いた。
「こんにちは。あなたも一回戦勝ったの?」
 首を傾げて尋ねてくる。声を聞くと、どうやらメスらしい。
「うん。とは言っても、僕はバトルしてないんだけどね」
 あはは、と笑ってみせる。彼女は首を軽く振って、にこりと微笑んだ。素敵な笑顔だと思った。
「バトルは一対一に見えても、一匹一匹がそれぞれ頑張らなきゃ勝てないものだからね。ここにまだいられるってことは、キミもきっと強いんだと思う」
「そうかな。……そうだといいな。ありがとう」
 僕は少し恥ずかしくて、はにかんだ。
「ところで、君はなんていうの……?」
 僕はレントラーに尋ねる。名前を聞きたかったのだが、ストレートに聞くのも乱暴な感じがしてはばかられる。濁しながらの言葉だったが、彼女は意味を汲み取ってくれたようだ。
「私? がおーねって言うの。マスターが付けてくれたんだ。キミは?」
 うっ、と言葉に詰まる。昔は良かったが、今は少し名乗りにくい。
「……ポコピー」
「ぷっ」
 ちょっと小声で言ったつもりだったけど、レントラーの大きな耳にはしっかり聞こえていたらしい。がおーねは噴き出して、顔を背けた。
「ご、ごめん」
「いやあ、いつものことだから」
 目をつぶって、肩を落とす。ポッチャマだった頃はいいけど、エンペルトのごつい体にこの名前は大したミスマッチだ。
「進化したての頃、うちのトレーナーに謝られたことがあったよ。『お前がこんなでっかくなるって知ってたら、もうちょっと別の名前考えてたのに』って。
 でも、今となってはポコピーでもいいと思ってる。だって、それで僕にあったポケモン達が笑って、僕に心を許してくれるんだもの。君も笑ってくれた」
 剣のようなつばさを広げて、おどけて話してみる。
「体まで張っちゃうとは、こりゃ一本取られました」
 がおーねは満面の笑みを浮かべた。笑ってしまえば、いがみ合った相手とも仲良くなれるきっかけになる。
「ポコピーって優しいんだね。小さい頃を思い出すよ」
「小さい頃?」
「うん、私が今のご主人にボールでゲットされる前の話ね。よくママのところを抜け出して、遊びに行く公園があったの。場所は……マサゴタウンだったかな。あの辺り。ヒコザルとか、ポッチャマとかと一緒に遊んでいたの。すごく仲が良かったんだけど、ヒコザルとけんかしちゃって、一緒にいたポッチャマは次の日からいなくなってた。そのあとすぐに、ヒコザルもいなくなってさ。そのまま結局けんか別れ。もう会えないって分かってたら、あんなことしなかったのになぁ」
 ため息をつくように、がおーねは言った。
 僕ははたと気がついた。もしかして、この子は。
「だから私、ポッチャマとかヒコザルとか、その進化系を見かけたら、話しかけてみることにしてるの。もしかしたら、あの時お別れしちゃった子たちと出会えるかもしれないから」
 なるほど、それで僕に話しかけてきたわけだ。
「それで、その子に会ったらどうするの?」
 僕は聞いた。
「そうだねぇ。まず、謝りたいと思う。ずっと楽しくやってたのに、勝手にかっとなって、全部台無しにしちゃったのは私だから」
 僕もがおーねも顔を広場の方に向けて、しばらく、沈黙していた。僕の目線はだんだん下に下がっていく。
 心臓の鳴りを抑えるのに必死だった。間違いない。がおーねはあの時のコリンクだ。まさか、こんなところで出会えるなんて。
 この子は気付いていないんだ。僕が言わなきゃ、この再会はきっと、なかったことになってしまう。
 少し遠くの方で、がおーねの名前を呼ぶ声が聞こえる。がおーねはそっちの方を向いて、立ち上がる。
「あ、そろそろ私行かなきゃ。ポコピー、話を聞いてくれてありがとう」
「う、うん」
 僕は小さな声でそうつぶやく。だめだ。と心の中で声がする。言うなら彼女が行ってしまう前、今しかない。
「あの……さ」
 がおーねは振り返った。なに、と優しい声。僕は顔をきっと上げて、がおーねの目を見据える。
「そのポッチャマ、僕なんだよ」
 僕は言った。
 がおーねは金色の目を見開き、その口は半開きになっていた。
 一言告白したら、胸の奥の方からするすると言葉が続けて出てきた。
「あの時ヒコザルくんとコリンクのケンカを止められなかったこと、ずっと後悔してた。どうしようもなくて、嫌な気持ちをずっと抱えてた。あの時、止められなくて、ごめん」
 本音だった。あんな別れ方なんて、僕の方こそしたくなかった。でも、時間はかかってしまったけど、もう一度会えたから、言いたいと思った。
 がおーねは真顔になって、僕の方に近づく。何をするかと思ったら、頭を僕のお腹に押し付けた。長く伸びた黒いたてがみはふさふさで、くすぐったくて温かい。
「ポコピーが謝ることないじゃない」
 下を向いているから顔は見えなかったけど、声が震えているのが分かった。
 僕はがおーねを傷つけないように、そっと両方の羽根でがおーねを包み込んだ。不器用な僕には、上手く包みこめてなんかないだろうけど、こうするしかないような気がした。すると、小さくむせび泣く声が聞こえた。

 がおーねのトレーナーが焦って迎えにくることはなかったから、まだ時間はあるらしい。しばらくして、がおーねは顔を上げた。
「あの砂山、夜の冷え込みで砂が乾燥して割れちゃったんだって。ヒコザルのせいなんかじゃなかった」
「ヒコザルにはまだ会えてないの?」
「うん。会ったらあの子にこそ謝りたいと思ってる」
「そっか」
 今頃、きっと立派なゴウカザルになっていることだろう。強気なヤツだから、トレーナーは苦労しているかもしれない。あいつにも、いつかまたもう一度会える日が来るといいな。
「それじゃあ、今度こそ、行くね。……その前に」
 がおーねは右の前足を出す。
「ゆびきりの代わり。また会えますようにって」
 ああ、昔も指きりしてたっけ。すっかり忘れていたけど、思い出した。
 人間みたいな指は無いけれど、僕らはかたい羽と大きな前足を通して約束できる。あの時と同じように、僕らはゆびきりをする。
「ポケモンリーグが終わったら、僕らはマサゴタウンに帰るつもり。全部終わったら、また会おう」
 今までにないぐらい、明るい気持ちがこみ上げて、大きな笑顔ができた。がおーねも同じ顔をして、大きく頷いた。
「私のご主人もマサゴタウン出身だからさ、帰ったら会いに行くよ。きっと」
 またね。
 僕は大きな羽根で、不器用に手を振った。
[PR]
by junjun-no2 | 2011-01-31 22:20 | 小説

千回目のキスシーン済んで、口の中もカラカラさ!

日曜日、丑とジャズバーのセッションに行ってきました。

ジャズスタンダードがいっぱいのってる黒本と言うものがあるのですが、事前に買っといて本当によかったと思います。

ホストバンドの方からは「心のパンツを脱げ!」とのアドバイスを頂きました。

最初からカッコよくやろうなんて思わんでええねん、間違えたってええねん、ってことですね。

他の参加者様も、最初はこんな感じだったんでしょうか。そう考えると幾分気が楽になるかもしれない。が、私はそんなに楽にならないかも。



先週はふしぎなあのこはすてきなこのこを延々とヘビロテしてましたが、

今週は恋とマシンガン。今もっとも弾き語りしたい曲。

耳コピして、ある程度固まったところでネットで調べたらコード譜あったし!

と言うわけで、ずっと弾いているのですがメトロノームを鳴らすと全く合ってくれません。

くっそー。

今自分がボーカルやるならフリッパーズ・ギターのコピバンしたいですね。



今日は夕方から西宮ACTAのジュンク堂でずっと立ち読みしてました。

占い本と音楽本の棚が隣り合わせなのは私としては凄く嬉しい。

姓名判断の本読んで、自分の名前ってちゃんと考えられてるなぁと思いました。ちゃんと全部吉数なんですよね。ありがたいことです。

母、結婚する前は大吉数だったのに結婚して苗字変わったら大凶数って……

子どもに名前付ける時は角数をちゃんと考える。

それが一番子どもの幸せを願ってる証拠だという偏見を、私はきっと捨てません。
[PR]
by junjun-no2 | 2011-01-30 21:55

サークル内ではケモノ好きはバレてんですよ。

ふしぎなあのこはすてきなこのこが名曲すぎる。

CDを20枚3000円で借りられると言うので借りて来ました。

Jポップ
スピッツ「◎とげまる」
ミスチル「○SENSE」「深海」
ACIDMAN「○ALMA」
バンプ「COSMONAUT」
フジファブリック「○クロニクル」とベスト盤
谷山浩子「○ねこの森には帰れない」「Memories」
ゆず「FURUSATO」
レミオロメン「花鳥風月」
相対性理論「シンクロニシティーン」
秦基博「コントラスト」
空気公団「○空気公団作品集」
阿部真央「ふりぃ」

ジャズギタリスト
ラリー・カールトン
ジョー・パス
B.B.キング

……多い……
少しでも聞けたものに○つけてみたけど、全然終わらないw

ねこの森には帰れないのB面の最初の語り、何か起こりそうな感じで、いいですね。
とげまるは、スピッツが今時のバンドに見えてきます。40歳とは思えない。
SENSEはやっぱり擬態が凄い。
[PR]
by junjun-no2 | 2011-01-21 00:09